スポンサーサイト

  • 2013.06.26 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    大船渡での写真展が終了しました。

    • 2013.05.22 Wednesday
    • 19:08


    5月18日(土)を持ちまして、大船渡マイヤ「ふれあいホール」での千代田写真部の写真展
    名古屋×陸前高田 「今日が『写ルンです』〜わたしをつくる31枚〜」写真展
    が無事に終了いたしました。

    剥がれやすくて、落ちてこないか心配だったお写真も何とか2週間頑張って持ちこたえて
    くれました!そんな最終日には陸前高田で参加してくださった佐々木一義さんが
    来てくださいました!初日と最終日に来てくれるなんて感激です!!
    ありがとうございました。

    無事に写真展を終えられて、笑顔の二人です。



    そして、今回の大船渡での写真展開催を一緒に準備してくださった東海新報社の
    鈴木英里さんも来てくださいました!

    英里さん無くして、今回の大船渡での写真展はありませんでした!
    新聞に記事を書いてくださったこともあり、写真展のことも気仙の方たちに
    知っていただけました。

    感謝の気持ちを込めて、フォトップスで修行したねずみスタッフを英里さんの元に
    送り出しました。よく働くように教育したので、新聞記者として忙しい日々を送る英里さんの
    力になって欲しいと思います!がんばって気仙の人たちのために働いておくれ!!



    現在の陸前高田の様子です。
    このように、今は津波で被害を受けた建物が無くなり、
    更地になった場所がほとんどになりました。

    私が初めて行った昨年の12月から随分と風景が変わってしまいました。
    新しい建物も出来てはいますが、地元の方からすれば復興へのスピードは
    まだまだ遅いと言われています。

    震災後よりも、これからの問題が突きつけられている今の方が精神的に苦しいと
    おっしゃる方も実は多いです。

    そして、目の前の何も無くなってしまった風景を見て喪失感は更に大きくなっているそうです。



    私たちには、出来る事は限られています。
    けれど、一緒に笑ったり一緒に泣いたりすることは出来ます。

    写真を通して、いろんな縁が生れました。
    大切にしたいものが、もう一度写真から見えてきました。

    千代田写真部としての陸前高田との企画は、これにて一旦終了ですが
    今後も出来る限りのことをしていきたいと思っています。

    陸前高田が被災地と呼ばれなくなるまで、どれくらいの時間がかかるかわかりませんが
    その時まで足を運ぼうと思っています。

    最後に、今回の大船渡での写真展開催中に感想ノートに感想を書いてくださった
    大船渡の中学生の方からのメッセージを載せます。



    震災から2年経つというのに、全国の皆さまからの支援は絶えることはありません。
    今回も写真と言うあたたかい支援をしていただきました。

    僕は、震災の時は小学5年生でした。
    家を流され、他にも大切なものを失いました。
    無残な町の姿、家の残骸を見たときは、もはや涙すら出ませんでした。
    それからの数日間は夢に何度も家が流される光景が出て来ました。

    ですが、今はこういった皆さまの支援のおかげで今は以前のような生活に
    少しづつではありますが、戻りつつあります。

    震災は僕たちにとってはとてもつらい出来事でしたが、
    今ではその震災の記憶が風化しはじめている人もいます。

    どんなにつらく、悲しい出来事でも風化させてしまってはいけないものだと思います。
    恐らくこの大船渡が元のような姿に戻るのは、まだ遠い日のことだと思います。

    今、僕は中学生なのでそんなに大きい力はありませんが、
    何年経ってもこの大船渡に少しづつでも力をかしていきたいです。
    それが震災を経験した僕達のやるべきことだと思います。

    全国の皆さん、本当にたくさんのご支援をありがとうございました。
    そして、この震災のことを忘れないで下さい。お願いします。



    ↑美しい大船渡の海。

    大船渡で感想を書いてくださった皆さま、写真展を観てくださった皆さま、
    本当にありがとうございました。

    そして名古屋で今回の写真展に参加してくださった皆さま、ご協力くださった皆さま、
    ありがとうございました。陸前高田や大船渡に足を運んだことの無い方が、
    今回の写真展を通して身近に感じてくださったと言う感想を頂き、とても嬉しかったです。
    ぜひ、これをきっかけに足を運んでいただければと思います。

    そして、名古屋での写真展開催中に募金活動していたお金が6,2000円集まりました。
    陸前高田の未来商店街と桜ライン311に寄付させて頂きました。
    また、後日詳しくご報告いたします。

    名古屋と陸前高田で、みんなと一緒に写真展を開催出来たことを本当に本当に
    嬉しく思っています。ありがとうございました。

    今回の写真展は第一歩です。
    これからも続けられるよう、がんばりたいと思います。

    ami

    スポンサーサイト

    • 2013.06.26 Wednesday
    • 19:08
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM