スポンサーサイト

  • 2013.06.26 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    未来商店街に寄付いたしました。

    • 2013.05.29 Wednesday
    • 16:56


    ご報告が遅くなり申し訳ありません!
    昨年の11月からフォトップスとルリエでは「今日が『写ルンです』」と言う企画と共に
    陸前高田への募金活動もしていました。

    直接募金箱に寄付してくださった方以外にも、半年間の間は千代田写真部の
    イベントに参加されるとお一人さま100円の寄付が出来るようになっていました。

    ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

    想像していた金額よりも多くの寄付金が集まり、正直ビックリいたしました。
    62,000円のお金が集まりましたので、陸前高田の
    未来商店街と桜ライン311に
    31,000円づつ寄付いたしました。

     

    5月18、19日に陸前高田に行った際にフォトップスのamiが寄付してきました。



    未来商店街を少しご紹介いたしますね。

    今回の「今日が『写ルンです』」では未来商店街でお仕事されている方、5名が参加
    してくださいました。

    ネットであらかじめ人が集まりそうな場所を探している際に偶然知ったのが
    未来商店街でした。初めて訪れた昨年の12月はお店も4店舗しかありませんでした。

    週末の朝市もテントでの開催。でも、寒さも忘れるくらい元気な人たちが!



    りんご農家の新沼さん一家。
    テレビでも放送され、新沼さんのお母さんは私の周りでも大人気です。

    「今日が『写ルンです』」には当時中学3年生の広和くんも参加してくれました。
    春からは高校生!本当に仲の良いご家族です。いつも笑顔になっちゃいます。



    今では朝市も多目的ホールで開催されています。
    私がいつも一緒にいる、ねずみスタッフに興味を持ってくださったので一緒に記念撮影。

    今回の企画に参加してみて、
    「一日一枚の写真を通して、生きている事を改めて実感しました。
    つらい毎日から抜け出そうと、みんな頑張っています。少しづつ前に進んでいます。
    これからも生きていきます。」と感想をくださいました。

    新沼お母さんが作ったリンゴ、本当に美味しいのです。
    「陸前高田のリンゴは日本一だよ!」と、初めて会った時に食べさせてくれました。

    次のリンゴの季節はぜひ皆さまも新沼さんのリンゴ、食べていただきたいです!



    ファッション ロペ・東京屋さん。
    こちらも3月に広い仮設店舗に移動されました。

    最近は新しい看板がGW後に設置されました。
    買い物に来た人が楽しい気持ちになれるように・・小笠原さんの気持ちが溢れるお店です。



    小笠原さんとはYMO好き仲間です!
    「なんだか隣町に住んでるみたいだね。高田にも馴染んでるよ。」と最近はおっしゃって
    くれる小笠原さん。「ホントに名古屋から電話してるの??」とこの前も言われました。

    みなさん、本当に温かい人たちで・・・。
    こんなに仲良くなれるなんて当初は思ってもみませんでした。

    もちろん現実的には大変なことも沢山ある陸前高田ですが、ご商売をされている方の
    前向きな気持ちにはいつも自分の方が励まされる思いです。



    今では未来商店街も沢山のお店が!11店舗が営業されています。
    地元の人だけでなく、遠くからも人が訪れる場所になっていますよ。



    「てるてる小澤」さんでは海鮮料理から定番の定食メニューまでが楽しめるお店です。
    「ミニ海鮮丼」でも、こんなボリューム!!フォトップスのねずみスタッフも大満足☆



    また、週末には朝市だけでなくイベントも開催されています。
    こちらはGWに未来商店街に来た
    たかたのゆめちゃん。念願の初対面でした。
    雑貨屋さんの「Laugh」の菅野さんと一緒に。

    菅野さんも「今日が『写ルンです』」に参加してくださいました。
    年齢も近い女性が頑張っている姿にも励まされています。
    「Laugh」のオリジナルせっけん「ラフぷる〜ん」も絶賛発売中ですよ。
    (高田のぶどうを使って作ったせっけんです!)

    陸前高田には仮設の商店街がいくつかあります。
    今回は縁があって未来商店街に寄付させていただきました。

    未来商店街を初めて訪れた12月初めは訪れた季節と時間帯もあって人が少なく
    正直「寂しいな・・・」と思いました。外灯もあまり無く、夕方でも暗かったのです。

    けれど商店街の人やお客さんと話していると人の心は前を向いている、
    と実感しました。だからこそ、自分も何か出来ないかな・・・といつも思わされるのです。

    被災地を訪れる。
    そう思うと、なかなかその一歩を踏み出せない人もいるかもしれませんが
    ここには私たちを歓迎してくださる方がいっぱいいます。ぜひ訪れてみてくださいね。

    買い物や食事をするだけで、それ以上のものを頂ける場所。
    それが私の思う未来商店街です。

    フォトップス ami


    スポンサーサイト

    • 2013.06.26 Wednesday
    • 16:56
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM